攻略&リセマラ

【シャイニング・ビヨンド 〜 Shining Beyond】は本当に面白いの?感想・レビュー

まにゃ
今回は【シャイニング・ビヨンド 〜 Shining Beyond】の感想・レビューをしていくよー♪

2021年5月27日にリリースされたオンラインRPGゲーム『シャイニング・ビヨンド 〜 Shining Beyond』。
リリース間もないにも関わらずGoogle Playストアで12000件以上のレビューを持ち、総合評価4.3となかなかの高評価です。
『リアルタイム&放置オンラインRPG』という売り文句ですが、実際はどんなゲームなのか、気になったので実際にプレイしてみました!

↓こちらからダウンロードできます↓

シャイニング・ビヨンド 〜 Shining Beyond

シャイニング・ビヨンド 〜 Shining Beyond
開発元:XII Braves PTE LTD
無料
posted withアプリーチ

 

シャイニング・ビヨンド 〜 Shining Beyondってどんなゲーム?


シャイニングビヨンドは、ジャンルとしてはロールプレイング&対戦型マルチプレイです。
シングルプレイでもマルチプレイでも楽しめるようになっています。


世界観は『緋色の魔女』と呼ばれる魔女が倒され、代わりに『帝国』によって世界中が支配された、というもの。

主人公は帝国の圧政に対抗する『反乱軍』のメンバーとして、英雄たちと帝国に対抗していくというストーリーらしい。

上の画像はチュートリアルのストーリーのものなのですが・・・


こちらはGoogle Play ストアのゲーム説明。がっつり『緋色の魔女が復活し、再び世界を危機に陥れようとしていた・・・』って書いてますね。

まにゃ
とんでもないネタバレだ・・・

チュートリアルだけ見ると、主人公の敵は帝国。しかしゲーム説明を見ると敵は復活した魔女(または魔女+帝国)。

チュートリアルを終え、暫くやってみましたが牢屋から逃げたり追手に見つかったり、旅に出たりと、魔女が復活する気配は一切なし。


ただ、ストーリーモードに使われている立ち絵の人がどうも・・・

まにゃ
もしかしてこの人が魔女?

多少進めた感じでは、ストーリーは帝国と戦う反乱軍のお話、という感じでした。今後大きな展開が予定されていそうです。

 
ちなみに、倒していく敵は一般的なRPGとは違い、モンスターではなく人。


モンスターとの戦闘ではストーリーも何も無いことが多いですが、人相手だとそうではありません。なので、相対的に各戦闘ごとに付随するストーリーがしっかりとしていました。

・戦闘のゲーム性は独特で面白い

プレイヤーは味方の英雄たちと共に襲ってくる敵と戦います。


キャラは基本的には3Dのフィールド上で自動で攻撃してくれます。


また通常の攻撃に加え、キャラたちはそれぞれ必殺技スキルを持っています。この主人公はスキルは1つしか持っていませんが、高レアのキャラは2つ持っているようです。

右側の黄色っぽいアイコンを上にスワイプするとスキル、キャラの顔画像を上にスワイプすると必殺技が発動します。


スキルも必殺技もクールタイムがあるので、発動するタイミングが重要になってきます。


画面内の敵を全員倒せば、移動することが出来るようになります。プレイヤーはどの方向に行くか選択できるため、何度か同じステージをプレイすれば、強い敵を後回しにしたり逆にボス一直線に移動したりすることが出来るようになります。

上の画像では右方向と下方向が選択できるようになっていますね。

  
ステージにはそれぞれボスが設定されています。

ボスは体力がかなり多くなっているほか、固有スキルを使ってくることもあります。


ボスに勝つことが出来ればゲームクリアです。

 

シャイニング・ビヨンド 〜 Shining Beyondの面白さ

ここからはこのゲームの面白さについて。

・3DバトルのRPG

 
やはり、3Dグラフィックで描かれる戦闘部分が印象的。

コマンドバトルのRPGとは違うスピード感、爽快感が得られます。

・放置できる要素が多い

このゲーム、放置系ゲームとしての要素もあります。

  
戦闘に関するオートプレイ設定は3つに分かれており、ゲームスピード、自動スキル発動、自動移動がそれぞれ設定できます。

まにゃ
放置じゃなく普通にプレイするときも役立ちそう!


また、ホーム画面にある『探索』から、ゲームを閉じている時間に応じた報酬を得ることもできます。

放置系ゲームの重要な要素はほぼ網羅しているので、忙しい人でも楽しめるゲームだなと思いました。

・ソシャゲとしてはそこそこ良心的


ガチャ確率は、最高レア5%とかなり良心的。

ただ、ピックアップ率はかなり低め。


この『関羽』ピックアップガチャを例に出すと・・・


ピックアップキャラが出る確率は全体の1%、SSR全体の25%ほどしかありません。

ただ戦力を揃えたいという場合は問題ありませんが、推しをどうしても出したい、と言った場合は沼ガチャになる危険性があるかな、と思いました。

 

シャイニング・ビヨンド 〜 Shining Beyondの改善・惜しいところ


ほぼほぼ不満はないゲームですが、一つだけ、ホーム画面でも3Dキャラが使用されているのはやめてほしいなと思いました。

ホーム画面ですから、何度も行く画面ですし、この画面で放置することも割とあると思います。

態々3Dモデルを使用してロード時間を長引かせたり、消費電力を増やす必要あったのかなあと思います。

まにゃ
因みに、この画面でキャラをタップするとかっこいい戦闘モーションが見れます

【シャイニング・ビヨンド 〜 Shining Beyond】のまとめ・レビュー・感想

良いところ

3DのRPGゲーム

放置系要素が充実

ソシャゲとしても甘め(ピックアップガチャを除く)

悪いところ

ホーム画面の3D仕様

 

全体的に本当に良く出来ているゲームだな、と思いました。

無難に面白いRPGを求めている方斬新なゲームシステムを採用したRPGに手を出したいと思っていた方に特におすすめです。

興味のある方は是非プレイしてみてはいかがでしょうか?

↓こちらからダウンロードできます↓

シャイニング・ビヨンド 〜 Shining Beyond

シャイニング・ビヨンド 〜 Shining Beyond
開発元:XII Braves PTE LTD
無料
posted withアプリーチ

 

-攻略&リセマラ

© 2022 まあにゃんBLOG Powered by AFFINGER5